笑顔のサラリーマン

ネットで勉強

土地家屋調査士の勉強方法

専門家から学ばず、独学で土地家屋調査士を目指す場合には、過去問題集を解いてみましょう。過去問題集を解いてみることで土地家屋調査士ではどのような問題が出題されるのかが分かるのです。最初は0点でも構いません。できる問題がなくて当たり前なのです。とにかく最後まで解いてしまいましょう。そうすることによって問題の傾向や難易度を把握することができるのです。そして、自分がこれから合格に向けてどのような勉強すればよいのかを知ることができます。試験当日までのスケジュールを決めることができるようになるのです。きちんとしたスケジュールをたて、適切な学習をすれば土地家屋調査士は独学でも合格できます。まずは過去問題集を解いてみましょう。

インターネットを使った学習

独学で土地家屋調査士を目指す人にとってインターネットはとても強い味方になります。インターネットを活用することによって合格が近づきますので、上手にインターネットを使ってみてください。それではどのようにインターネットを使えばよいのでしょうか。まずは土地家屋調査士として合格した人のブログなどの情報を見てみましょう。そうすると、独学でどのように勉強してきたのかなど、さまざまな情報が書かれていることがあるのです。そういった生の情報はとても役立ちます。勉強方法に悩んだ時など、そういった合格者の情報を参考にすると良いでしょう。独学の弱みは相談できる人がいないことですが、インターネットは格好の相談相手にもなるのです。