笑顔のサラリーマン

過去と現在

土地家屋調査士の目指し方

難しい試験に合格するためには、予備校などで専門的な学習をすることが必要になります。その難しい試験のひとつに、土地家屋調査士の試験があります。土地家屋調査士を目指すには2つの方法があり、その1つ目が資格予備校に通って試験勉強をする方法なのです。土地家屋調査士の試験問題は難しいものですから、予備校に通ってきちんとした学習をする必要があります。予備校に通えば、効率的な試験勉強をすることができるでしょう。もう一つの方法は、独学で学ぶ勉強です。独学では、テキストだけを使うので数千円程度の費用で済んでしまいます。予備校に通う場合には年間で数十万円の費用がかかります。経済的な負担を考慮する場合には独学での学習を勧めします。もちろん、自分で学習するための覚悟が必要となります。いずれにせよ土地家屋調査士の試験に必ず合格するという強い気持ちが重要です。

勉強方法の変遷について

一昔前までは独学で勉強するしかありませんでした。しかしながら、資格を取得できる予備校が誕生してから、近く調査士試験を予備校から目指す人が増えてきています。予備校に通うことによって、先生の授業を受けることができるのでとても効率的な勉強をすることができます。また、わからないところや疑問点はすぐに先生に聞くことができるのです。こういったメリットがあるので予備校に通う人が増えているのです。また、これからはインターネットで土地家屋調査士試験を目指す勉強をする人が増えていくことが予想されます。各予備校はインターネットで土地家屋調査士試験の講義を配信しています。それを見ることによって、予備校に通わなくても予備校の授業を受けることが可能になっているのです。